Nakazawa Pest Control - 総合害虫駆除業務
IPM総合有害生物管理
 
IPM(総合有害生物管理)による
調査データに基づく確実な防除計画をご提案。
 
 食品・医薬品工場等においては、HACCP(危害分析重要管理点方式)やGMP基準に適合した最新の防除管理が求められています。
 具体的には、インスペクション(施設防虫診断)を実施して施設や衛生管理方式に対する防虫監査を毎年実施し、また重要管理点については定期的にモニタリングを行って防虫管理データを蓄積することが必要になっています。
 
 このデータ蓄積に基づく防虫管理は、「総合有害生物管理(Integrated Pest Managerment=IPM)」と呼ばれています。